ウェディングドレス選びに役立つ、オードリー・ヘップバーン名言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
オードリー・ヘップバーン名言

Missサブリナのウェディングドレスショップのテーマは、

「映画のヒロイン級のドレス姿」美しいシルエット。

オードリー・ヘップバーンの残した言葉(参考文献 メリッサ・ヘルススターン著書文献、池田真紀子訳、集英社)

と共に、ウェディングドレス選びの秘訣を日々綴ってまいります。

オードリー・ヘップバーンの残した言葉

名言1.

わたしの生活を支えているのは、理論や公式ではありません。

直感と常識です。道理という言葉も当たっているかもしれません。

私の過去に出会ったすべてのものや人から道理を学んで参りました…母から、バレエの練習から、雑誌『ヴォーグ』から。

そして、人生と健康と自然の摂理から。

        オードリー・ヘップバーン

時代を超えて愛されて続けているオードリー・ヘップバーンの魅力とは何なのでしょうか?!

内面からあふれだす魅力や、上品で気品にみちたスタイル…。

世界中の人々がその名前を知っていて、オードリーの魅力に惹き付けられています。

オードリーのように愛する心を忘れないようにと『サブリナ』という名前をつけました。

すべての花嫁さまが幸せな気持ちでウェディングドレスを纏って欲しいと願いを込めて。

名言2.

何よりも大事なのは、人生を楽しむこと

幸せを感じること、それだけです。

オードリー・ヘップバーン

「地球の上で、今日誰かと出会う」

世界でたったひとり、大切な人と出会った新郎様、新婦様…。

おふたりで、おふたりらしい「おもてなし婚」「ウェディングのカタチ」

おふたりで思い描いたウェディングを叶えていただきたいと願っております。

名言3.

幸福なこんな定義を聞いたことがあります。

「幸福とは、健康と物忘れの早さである」ですって!

わたしが思いつきたかったくらいだわ。

だって、それは真実だもの。

どんな日であれ、その日をとことん楽しむこと。

ありのままの1日。ありのままの人々…、過去は、現在に感謝すべてきだということをわたしに教えてくれたような気がします。

未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま楽しむゆとりが奪われてしまうわ。

     オードリー・ヘップバーン

さまざまなご経験から発せされるオードリー・ヘッバーンの言葉には、

常に達成感にむかって輝いていた姿が想像できます。

言葉にすると簡単で…、すらすらと「うん、そうそう」と頭に入ってくるものの

オードリー・ヘップバーンがご経験されてきた「どんな日であれ」に、深く感慨深い気持ちになります。

結婚準備を楽しむ気持ち、

おふたりを見守ってくださるゲストのみなさんへの感謝の気持ち、

結婚式の準備は、決めることもたくさんあります。

はじめてのことだらけかもしれません。

オードリー・ヘップバーンのコトバ

「未来を心配してばかりいたら、現在を思うさま、楽しむゆとりが奪われてしまうわ」とあるように、

楽しむ気持ちを忘れないように、結婚準備やドレス選びをすすめていきたいですね…。

名言4

その日のために生きようとしていはいけません。

それではあまりに即物的だから。

それよりも1日1日を宝物のように慈しむべきよ。

生きていることそれ自体がどれほどありがたいことかを意識せずに皮膚だけで生きているような、

つまりごく表層的な生きかたをしている人が、とても多いように思うの。

       オードリー・ヘップバーン

『その日のために生きようとしてはいけません…それよりも1日1日を宝物のように慈しむべきよ』

一生に一度の結婚式、結婚式のご準備、

新郎さま、新婦さま、おふたりにとって大切な結婚式。

オードリー・ヘップバーンのように1日1日を宝物のように慈しむ心をもちながら

力をあわせて頑張ってくださいね。

名言5

わたしの人生は、おとぎ話以上のものでした。

人並みに苦労もしましたが、どんなにつらい出来事に見舞われたときも、

それを乗り越えたところには、かならずご褒美が待っていましたから。

      オードリー・ヘップバーン

縁結びのお守りで知られる言葉の中に”明るく 清らかに 素直な心”とありました。

大切にしましょう…明るく、清らかで、素直な心を。と…

良縁にめぐまれて迎える結婚式。

人生の中でもっとも特別な儀式です。

結婚式のご準備をスタートされると、決めごとも多くなってまいります。

迷うことも増えてくるでしょう。

悩むこともあるでしょう。

焦る日もあるでしょう。

新郎さま、新婦さま、おふたりで乗り越えて

素敵な結婚式をお迎えいただければと願っております。

人生の特別な日が待っています。

名言6

仮にわたしの世界が明日崩壊するとしたら、わたしはこれまでに恵まれた幸せやわくわくする瞬間や有意義な体験を1つづつ思い返して、

与えられた幸運を呼ぶことでしょう。

悲しかったこと、何度も流産したことや父が家族を捨てたことではなく、幸運な瞬間だけを記憶から掘り起こします。

そうすれば、満たされた気持ちで終わりを待つことができるでしょうから。

          オードリー・ヘップバーン

幸せな結婚式にむかって、

新郎さま、新婦さま、おふたりでつくりあげる一日一日が、とても大切な想い出になることでしょう。

結婚式へむかって、おふたりでチカラをあわせて一つ一つが決まっていきます。

恋人から、ご夫婦にならていく尊い時間です。

ぜひ、幸せな気持ちを感じながら目標にむかって、ご夫婦の愛を育んでくださいね。

幸せいっぱいな結婚式です。

ネガティブな志向はぬぎすてて、

新郎さま、新婦さまが幸せだと思う方向へ…

幸せだと思うウェディングドレスを選ぶことで、さらに素晴らしい結婚式に。

名言7

母の声がいまでも聞こえるようよ。

「時間を守りなさい」

「どんなときも、自分よりも周囲を優先すること」

「自分のことばかり話してはいけません。あなたはけっしておもしろい話題ではありませんからね。大切なのは、周りの人たちです」

     オードリー・ヘップバーン

お母様との特別な時間、ベールダウンセレモニーのことをご存知でしょうか?

お母様と花嫁さまの特別な絆をかいまみる瞬間です。

結婚式のときに、バージンロードを歩く前に、お母様にベールをさげていただく儀式のことを、ベールダウンセレモニーとよんでいます。

大切に慈しみ育まれたお母様にとって、かけがえのない思い出になられることでしょう。

新婦さま、お母様にとって、大切な一生の想い出になる瞬間です。

花嫁さまのベールには、”愛する娘を災いから守ってくれますように!”という願いが込められています。

愛情に包まれる瞬間は、とても美しいウェディングドレス姿そのものです。

結婚式のバージンロードには、”これまでの人生を意味する”といわれています。

挙式を前に、お母様にとって最後のウェディングドレスの身支度のシーンです。

お母様の愛情と共に、心から幸せなウェディングとなりますように…。

ゲストのみなさんに見守られながら、一歩一歩、貴女が生まれた日からこれまでの道のりをあらわす

バージンロードを歩いてくださいね。

名言8

男爵令嬢の娘だからといって、何も特別なことではありませんでした。

ただ、1900年代生まれの母は、ヴィクトリア朝風の厳格な教育を受けて育ちました。

それもあって、子どもたち、わたしと二人の兄のしつけにとても厳しい人でした。

たとえば、よくこんなことを言っていました。

「覚えておきなさい。マナーとは優しさです。いつも人に優しく接しなければなりません。」

年配の女性を見かけたら、考えるまでもなく身体が動いて、ドアを開けてあげられるようでなくてはならない。

母は、そういったことにはとても頑固でした。

       オードリー・ヘップバーン

オードリー・ヘップバーンのお母様が、しつけに厳しかったことがうかがえます。

けれども、お母様のことばにこめられた愛情は、きちんとオードリーに伝わっていたことがわかるエピソードですね。

結婚披露宴で読まれる”花嫁さまからの手紙”から、厳しさの中にも愛情に見守られながら育たれた花嫁さま。

 幼い頃、躾に厳しかったお母様への感謝の気持ちを表現する大切なシーン。

お母様、ご両親さまへ感謝の気持ちが伝わってまいります。

挨拶、整理整頓、早寝早起き、お手伝い…、さまざまなエピソードと共に語られる中から、お母様、お父様のお人柄が伝わってまいります。

ご家族の愛情が伝わるシーンは、ゲストのみなさんの目元もうるうるしてしまいます…。

花嫁さまの素直な言葉は、”感動”します!

名言9

まっすぐ立つこと、背筋を伸ばして座ること、お酒と甘いものは限度をわきまえて楽しむこと、煙草は1日に6本までにすること。

母からはそういったことを教わりました。

   オードリー・ヘップバーン

上品にエレガントな装いを叶えるウェディングドレス姿。

写真映えするフォトジェニックなウェディングドレスを着こなしたい…、

360度どこから見てもエレガントな花嫁姿を演出する、もっとも大切なポイントは”姿勢”です。

座る、立つ、歩く…、いづれも”姿勢”が大事!

花嫁を美しく見せてくれる”姿勢”の演出。

最高に輝く花嫁姿をめざして参りましょう。

美しい姿勢は、1日にしてならずです。日々の生活の中で、あらためて”良い姿勢”を意識してみましょう。

結婚式で注目される入場のシーン、背筋を伸ばして、気品ある美しい歩き方で、ゲストを魅了する花嫁姿に!

ご披露宴で、意外と注目される花嫁の座り姿。

背筋を伸ばして座ること…、かなり意識しないと、上手にできないこともあります。

見せる座る姿、毎日の生活の中で、トライしてみましょう。

新郎さまと、ご一緒に練習してみてくださいね。

名言10

母から1つの人生観を与えられました…他者を優先しないのは、恥ずべきことでした。

自制心を保てないのも、恥ずべきことでした。

周囲のことを最優先に考え、自分のことは後回しにするというのは、

昔からすばらしい考え方です。

わたしはその価値観にしたがって育てられました。

「あなたよりも周りの人たちのほうが大切です。だから駄々をこねてもだめよ。我慢しなさい。」

  オードリー・ヘップバーン

お母様とオードリー・ヘップバーン…、段々お母様に興味がわいてまいりました。

多くの言葉の中に、お母様の教えが多くみうけられます。

オードリーヘップバーンは、1929年5月4日にベルギーの首都ブリュッセルで生まれました。

オードリーヘップバーンのお母様エラさんは、オランダ貴族の名門のお嬢様だったそうです。

お父様のジョセフさんは、アイルランド系イギリスの方で、貿易商を営まれていたそうです。

オードリーが晩年、ユニセフの親善大使として活動をされた原点がかいまみれる気が致します。

結婚式の日、親御さまは、ゲストのみなさんへのご挨拶など、新郎さま、新婦さまの”おもてなし”のサポートと担う役割がございます。

みなさんも目にしたことがあるかと思いますが、ご披露宴の際に、ゲストの皆さんにお酌してまわられている親御さんの姿はご記憶にあるかと思います。もちろん地域や、会場のスタイルによって異なる場合もございます。

お母様の当日までの流れのポイントを綴らせていただきます。

当日の会場入りのお時間、交通手段、駐車場などのご確認。親族さまのお車代などは、親御さまがご用意される場合が多いようでございますが、新郎新婦さまからお渡しになられるのか、親御さまからお渡しになられるのか、受付にお預けになられるのか等の事前確認が必要です。

お母様のご衣装はお決まりですか?相手方のお母様はどうなさるのか?合わせられるのが一般的です。

お母様の着付けや、ヘアセットは会場でおこないますか?そうでない場合など、会場の入り時間が違いますので、確認してまいりましょう。

花嫁様のサポートを含めて、お母様と花嫁様、同じお時間で会場入りされる場合も多いようです。

新郎さま、新婦さまは、席次表が完成次第、親御さまにご報告もかねて、当日親御さまがご挨拶がスムーズに進められますように、関係性や対応のポイントなどを席次表をみながら説明されておかれることをおすすめ致します。

挙式当日、お相手様の親御様への”ごあいさつ”   

ウェディングプランナーさん、アテンダーさん、ヘアメイクさん、司会者さん、カメラマンさんなど式場スタッフの皆さんへの”ごあいさつ”  

受付のご担当者さまへの”ごあいさつ”

新郎さま、新婦さまから預かっている、お車代、お心付け、お渡しされる方のリストをたくされ、

受付後にご祝儀をあずかる人のご確認…。

主賓のみなさま、乾杯の音頭をとってくださるゲストさまへの”ごあいさつ”

親族紹介の前に親族様がお集りになられましたら、親族控え室への”ごあいさつ”

祝電のご確認…、(おもに新郎さまがご確認される場合が多いのですが、親族様関係の祝電をご確認されてどのようなご関係かをお知らせできればよいですね)

そして、挙式リハーサルへと、いよいよ挙式本番です。

ベールダウンのセレモニー…。

ご祝宴の際には、主賓の挨拶、乾杯の挨拶、ご友人の挨拶など、新郎さま、新婦さまと共に起立して、「どうぞおかけください」の合図と共に着席します。サービススタッフが椅子を引いてくださいますので、安心してくださいね。スピーチ中など、そのときには飲食、歓談はひかえるのがマナーだといわれております。

お食事歓談がはじまると、お酌してゲストへの挨拶まわりをします。きっとウェディングプランナーさんやサービスキャプテンさんがタイミングをお知らせくださると思います。お酌にまわられるとゲストからお酌を受ける場合がありますが、軽く口につけることはマナーですので…。

必ず、スピーチや余興などがはじまりましたら、あいさつまわりは中断して、お席にもどります。

そして、”花嫁の手紙” ”花束贈呈” ”謝辞”

新郎新婦退場。

送賓の挨拶、新郎新婦と両家ご両親様が一列に並びます。そしてゲストのみんさん、おひとりおひとりに”ごあいさつ”

ゲストのみなさんへ感謝の気持ちを伝える当日、たくさんの役割があります。

親御さまのサポートが、新郎さま、新婦さまにとられまして何よりも心強い一日となることでしょう。

名言11

子どものころ、人目を引くのははしたないことだ、自分を見せびらかすような真似をしてはいけないと教えられました…結果的には、その両方をして生計を立てることになりましたが。

  オードリー・ヘップバーン

オードリーに才能が携わっているとしても、わたしが与えたものだなんて、どんでもない。

本当に才能があるのだとしたら、それは神様がくださったものよ。

オードリーの才能を自慢するのは、真っ青な空や、英国王立美術館のフランドル美術展の名画を自分の手柄だと言うようなものだわ。

 エラ・ファン・ヘームストラ・ヘップバーン=ラストン(オードリーの母)

結婚式や、披露宴は、おこなうべきだろうか?とお考えのカップルの方もいらっしゃると思います。

新郎さま、新婦さまが、”ふたりで幸せなご家庭を築くことを誓う”厳かにおこなわれる挙式…。

結婚披露宴は、新郎さま、新婦さま、おふたりが結婚されたことをご報告される場…。

結婚式、披露宴は、ご親戚や、ご友人のみなさんをゲストとしてお招きをして、人生のパートナーであるお相手様をご紹介をして、これまでの感謝の気持ちをご夫婦になられる新郎さま、新婦さまが「これからも宜しくお願いします」と、ゲストのみなさんをおもてなしをします。

新郎さま、新婦さま、おふたり本位のものではありません…。

披露宴は、挙式をすませられた新郎新婦のお披露目と紹介の場です。

ご両家が繋がり、ゲストのみなさんが、新郎さま、新婦さまを中心につながり”絆”がうまれます。

尊い人生の”心の糧”となり、”心のふるさと”大切なハレの日です。

自分のことよりもゲストのことを思いやり、

おふたりの気持ちは、ゲストのみなさんへ”以心伝心”

素敵な結婚準備となりますように。

名言12

女優になったのは偶然です。なりたいと思ってなったわけではありません。

わたしの人生は、夢に描いた以上に恵まれたいます。

大きな挫折もなく、期待を裏切られたこともありません…わたしは自分が想像していた以上のことを成し遂げましたし、たいがいはわたしから求めるまでもなく実現したのです。

   オードリー・ヘップバーン

自分らしい結婚式を叶えるポイントがみつかるオードリー・ヘップバーンの名言集。

人生の中で、とっても大切な結婚式。ウェディングドレス選びや、お色直しドレス選びも楽しみな時間。

おしゃれなホテルウェディングや、レストランウェディング、ハウスウェディング、海外ウェディング、国内リゾートウェディング(沖縄挙式、軽井沢挙式etc)、フォトウェディング…。

ウェディングドレス選びや、会場選び、パーティのスタイルは、ひとりひとりの花嫁さまそれぞれの個性をいかしたストーリーがあります。

幸せな気持ちに導かれて、幸せな方向へ結婚準備をすすめてまいりましょう。

名言13.

わたしはあまり多くを期待する人間ではないの。

だからかしら、わたしはわたしが知るなかで誰よりも恨みつらみと無縁の人間よ。

 オードリー・ヘップバーン

結婚式のご準備が、思うとうりにすすまない…、様々なことが期待とうりにすすまない…、

結婚準備に悩みをかかえていませんか?

もし?!

その悩みから、幸せな結婚準備をすすめるには、他人に期待をしない、他人の期待をストップさせるのがポイントです。

オードリー・ヘップバーンの言葉のとうり、他人に期待をしない…、他人と比較しない…、

お招きするゲストのみなさんにお喜びいただける素敵な結婚式になりますように。

結婚式準備をとおして、夫婦として成長を遂げる”絆”

”人生の門出”にお祝い申し上げます。

麗しのサブリナの監督、ビリー・ワイルダーの言葉を抜粋

ドライブインのウェイトレスあがりの女優の時代は終わり、

あれはまさしく不毛の時代だった…。

ついに品格を備えた女優、ちゃんと学校を出ていて、英語を正しくつづることができ、

いざとなればピアノだって弾きこなしそうな女優が出現した。

オードリーの体は華胥で小さいが、その姿を目にした瞬間、

その存在感に圧倒される…

人を分類するのはそれ、存在感の有無だ…

オードリーは新しい風、

洗練の風を吹きこんだ。

もう1人のヘップバーン、キャサリンとともに。

 ビリー•ワイルダー(麗しのサブリナの監督)

圧倒的な存在感の個性的なデザインのウェディングドレスで、おしゃれ花嫁に。

ウェディングドレス選びをもっと自由に。もっと楽しくドレス選びを。

大聖堂や、披露宴会場でも圧倒的な存在感を放つ、花嫁の美しさを引き出すウェディングドレス。

上質な素材と華やかなデザイン力をもつウェディングドレスは、特別な日を彩ります。

貴女の美しさを引き出すドレス選びをサポートさせていただいております。

世界中から愛されているオードリー・ヘップバーンのように…、誰からも愛される上品な装いに。

存在感を放つビジューがあしらわれたデザインは、

写真映えも叶えるドレス姿は、

新郎新婦をはじめゲストの視線を釘付けに。

洗練された花嫁姿を叶えよう。

名言14.

たとえばわたしが鼻をかめば、世界中にその事実が伝わります。

けれど、人々が抱いているわたしのイメージは、外側だけのものです。

内面で実際に何が起きているかは、その当人しかわかりません。

それ以外のすべてすべては、ほかの人々の心のなかで起きているのです。

オードリー・ヘップバーン

プレ花嫁さまが選ばれているウェディングドレスやカラードレス。人気のシルエットは?!

人気のカラーは?!

花嫁さまのお好みや、体型、結婚式場の会場の雰囲気や、季節…

どんなウェディングドレスを着たいとイメージをされていますでしょうか?

イメージが膨らんでいますか?

会場の提携店のドレスショップの試着を繰り返して、

「お似合いですよ…」と同じことを言われ続けて、

本当に似合っているのか?!似合っていないのか?!

ウェディングドレスに憧れをいだいていたけれど…、

「実際に似合うドレスがわからなくなった…」という花嫁さま…。

他の花嫁さまと被らないクオリティのよいウェディングドレスやカラードレスを持ち込みたい!

ゲストの皆さんに愛される花嫁姿に…。

あなたの運命の一着に出会っていただきたいと願っております。

貴女の内面の美しさを引き出すウェディングドレスをまとって、

誰よりも素敵な花嫁さまに!!

集英社発行のエレガントな女性になる方法

メリッサヘルスターン 池田真紀訳の書籍の17ページ

血の通った人間として。

オードリーを直接に知る人は多くありません。

わたしたちが知っているのは、アン王女、ホリーゴライトリー、イライザ・ドゥリトルです。

わたしたちはオードリーを、わたしたちが思い描く理想像−完璧な女性という理想像に押しこめているのかもしれません。

その理想像は、体現するには困難なイメージであったこうでしょう。

 オードリーは、わたしたちと変らぬ人間でした。

近所に住む少女とどこもちがったところのない、ふつうの人間です。

たった1つのちがいは、とても賢い人だったことでした。

Byメリッサヘルスターン 池田真紀訳

オードリー・ヘップバーンの名言には、さらりと流れるような言葉の中に、内面から感じる心の強さを感じることがあります。

それは、自分自身の心の弱さに打ち勝つ『心の強さ』です。

過去よりも、未来にむかっている向上心と、感謝の気持ちを忘れない、内面の透明感、美しさが、

とても自然で惹かれるのかもしれません。

2020年1月から、新型コロナウイルスのニュースが絶え間なく流れています。

一生懸命に結婚式のご準備をすすめていらっしゃるカップルのみなさんが、

新型コロナウイルスの影響によってやむを得ずウェディングを延期されたり、

ご心配の中を開催されたり…、頭を悩まされている状況が続いております。

日本だけでなく世界中に感染が広がる状況の中で、

東京オリンピックも延期や中止など結論が出ておりません。

自分の健康を守ることや、大切な人のこと…、日常あたりまえのことへの感謝の気持ちを忘れないように。

心の強さが大切なときです。

新郎さま、新婦さま、おふたりの絆とともに…。

名言14.

正直に言って、世間にどう思われているか気にかけたことはないの。

世の中の人がわたしにどんな理想像を重ねているか心配し始めたら、頭がどうかしてしまうでしょうね。

だいいち、わたしはその理想像のとおりではないのよ。

人々の心のなかには、確固たるオードリー・ヘップバーン像があるみたい。

とてもうれしいことではあるけれど、ちょっぴり悲しくもあるわ。

だって、わたしもふつうの人間だもの。

腹が立てばお世辞にも上品とは言えない言葉を使うこともあるのよ。

オードリー・ヘップバーン

自分たちの結婚式は、ゲストはどう思うのだろう?

どのような結婚式を思い描いているのだろう?

どう思われるか気にかかるほうですか?

まずは、自分だどう思うのか…、花嫁さまご自身が、どう思うのかを大切にしましょう。

新郎さま、新婦さま、おふたりらしさ、自分らしさを大切にしましょう。

あなたの選んだウェディングドレスを纏うことで、自信を纏い、

ゲストの目と表情をしっかり見て「おもてなし」ができる…

ウェディングドレスにはそんなチカラがございます。

幸せに導くウェディングドレスと出会いましょう。

それがウェディングドレスが、運命の一着といわれる由縁です。

花嫁さまの運命のドレスと出会ってくださいね…。

名言15.

悔いのない人生を

人生を顧みたとき、映画ばかりがあって、我が子のことさえよく知らないとしたら、それはとても悲しいことでしょう?

わたしにとって、息子たちの成長を見守ることほどエキサイティングで楽しくて充足感を与えてくれるものは、ほかにないの…

それに、忘れないで、子ども時代は、たった一度しかないのよ。

誰でも幸福なキャリアと幸福な人生を両立させたいと願うでしょうけれど、実際には両立はしないものだわ。

何としてもさけたかったのは、人生を振り返ったとき、映画しかないという事態です。

自分がスターになるだろうと思ったことはないし、なれると思ったこともありません。

なりたいと願ったことさえないのよ。

もちろん、なってうれしくなかったと言えば嘘になります。

でも、わたしはけっして大女優ではないわ。

イングリッド バークマンではないのよ。

だから、息子たちのために映画をあきらめるという決断を後悔したことは、ただ一度もないの。

出演オファーが引きも切らず押し寄せるということは、2度とないかもしれない。

その代わり、家族といつも一緒にいられるわ。

 オードリー・ヘップバーン

オードリー・ヘップバーンの名言を読んでみると、お母様とご家族様にかかわる言葉が多く、ファミリーを大切にしていたことがわかります。

今日は2020年4月1日です。コロナのことが早くなくなりますように…と願う日々です。

自分を大切にするということは、家族のことを大切にすること…、

家族の支えがあるからこそ、しっかりと立っていられる、

家族は、心を強くもっていられる、人生を豊かにすることができる大切な存在です…。

新郎さま、新婦さまが思い描く「家族」とは、なんですか?

コロナでご心配をかかえているカップルのみなさんも多いと思います。

いつも一緒にいると気がつかないことも、

健康のこと、家族のこと、大切な人への感謝の気持ち、

何気ない一日に感謝の気持ちを大切にしたいですね。

名言.16

成功というのは、節目となる誕生日を迎えたとき、以前の自分とまるで変っていないと気づくのに似ています。

わたしには成功に恥じない生きかたをする責任があると痛感しています。

加えて、幸運に助けられながら、成功に押しつぶされずに生きる責任も。

    オードリー・ヘップバーン

人生の大きな節目の結婚式。

新郎さま、新婦さまが、幸せになるための巣立ちの日。

新郎さま、新婦さまが、新たなスタートの節目の日です。

おふたりの決意や、感謝の気持ちを伝える日でもあります。

責任の決意の日。

人生の節目の日の結婚式を心をひとつにして大切にしてくださいね。

おふたりの新しいスタートの日、結婚式の時間の流れの中で、幼少時代、学生時代、ご家族のみなさまとの想い出…。

節目の日を大切にすることで「絆」は強くなるといわれています。

人生で大きな節目の結婚式。

記憶に残る一生の想い出、特別な記念日になられることを心から願っています。

名言17.

チャンスが訪れて玄関をノックしたら、迷わず扉を開けよう。

わたしのキャリアは、わたしにとってまったくのミステリーなの。

第1日めから驚きの連続だったわ。

自分が女優になるなんて夢にも思わなかったし、たくさんの映画を作るようになるだろうと考えたことだってなかった。

こんなことになるとは、まるで想像していなかったのよ。

   オードリー・ヘップバーン

素敵なパートナーと、運命的な出会いをした花嫁様へ。

幸せになりたいと願って、結婚式のご準備をスタートさせている新郎様、新婦様。

すがすがしい朝を迎えて、一日一日を大切に結婚式のご準備をすすめて参りましょう。

結婚式は、さまざまな決断をすることが多いですよね…。

幸せに導かれる「縁」と「チャンス」に身をまかせ、力をそそいで、素敵な結婚式を成し遂げましょう。

結婚式の準備は、自分を磨く時間…、魅力的な自分になる時間…、コミュニケーションを高める時間です。

準備をしている新郎さま、新婦さまに訪れる、素敵な結婚式。

面倒くさがらずに、面倒から逃げ出さずに、ひとつひとつ丁寧にすすめてまいりましょう。

一人では決められないことも、ひとりではできないことも…、結婚式のご準備は、ひとりではありませんから…。

新郎さま、新婦さまと力をあわせて、素晴らしい結婚式を迎えるために準備をスタート!

結婚式のご準備は、人生において大切なことを教えてくれる時間です。

名言18.

子どものころのわたしは、”映画スター”という言葉の意味さえ知らずにいたわ。

                オードリー・ヘップバーン

今もなお世界中で愛され続けているオードリー・ヘップバーン…。

映画スターであり続けたオードリー・ヘップバーンです。

麗しのサブリナに出演した、麗しのオードリー・ヘップバーン。

永遠に輝き続ける映画スター、オードリー・ヘップバーンの魅力は、女性が永遠に輝き続ける幸せへ導かれる方法を知っていたのかもしれません。

永遠に輝き続ける”絆”、

永遠の愛の絆で結ばれる新郎さま、新婦さまのお幸せを心より願っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

☎︎03-6427-4562 東京・表参道

憧れ叶う「映画のヒロイン級のドレス姿」のご試着フェアへ。

ホテルウェディング、海外&国内リゾート挙式、レストランウェディングにも人気。

ご試着当日にご成約の花嫁様にはお小物6点無料レンタル(ベール、グローブ、ネックレス、イヤリング、パニエ、シューズ)、セット割引、挙式当日限り二次会持ち出し無料、持込料負担(お値引き)など特典や割引がもりたくさん!

是非、新郎様やお母様とお揃いでお出かけください。

こちらの特典プランをご希望の方は、お気軽に公式ホームページからご予約を。

ご来館を心よりお待ちしております。


ミスサブリナ表参道の公式ホームページトップへ戻る

SNSでもご購読できます。